2022-03-15

春のお菓子を。

 

















軽井沢の零下な日々が終わろうとしています。


” 冬 ”  がまだ残るカラダと、

” 春  ”を求めるココロを満たす

お菓子がつくりたい。

悩みながらあれこれ品を変え型を変え、

試作とリセットの末、

結局、この5種類になりました。


①シトロン(無農薬国産レモンと蜂蜜のケーキ) 1台

国産の無農薬レモンはこの季節、完熟を迎えています。

お砂糖を減らして日本の蜂蜜をたっぷり使い、

爽やかだけれどまろやかな、ホッとするお菓子。

パウンド型とは違う、この型ならではの食感は

しっとりとして、且つ口溶けがよいです。


②ラムレーズンサンド 3個

渋みのあまりない有機レーズンを、この日のために

ラム酒に漬け込んでおきました。

バタークリームはミルキーで、

ラムレーズンの強烈な甘さを包み込みます。

サブレは片側に少しホワイトチョコを施し、

サクサク感を維持しています。

アーモンドスライスをあしらっているのは、

+αの味わいが出るからです。

なるべく形の良いスライスをと

腰をかがめて探すのですが、

なかなか見つかりません。。。

   

③プラリネガトーショコラ 3個

ローストして粉砕したヘーゼルナッツを粉類に忍ばせ、

ヴァローナのプラリネチョコと55%のスイートチョコで

フレンドリーなガトーショコラを焼きました。

削ったプラリネチョコを仕上げに少しプラスして、

ナッティーの背中をちょこっとだけ押してみました。

重厚な冬のチョコ菓子というよりも、

春へと向かう、かるい足どりのショコラです。   


④胡桃のビスコッティ 3本 

毎度なのですが、味わいのほか日持ちや

栄養素的にも優秀◎なビスコに決定。

   

⑤ポルボローネ 1袋(10粒入り)

毎度毎度なのですが、姉に「絶品」と言われ、

ご近所さんに「孫が大好きで」とお声がけいただき、

友達に「ボーロ、美味しいね」とメールをもらい

気を良くしてせっせと生地を丸めています。

気づいたら背中もかなり丸めています。


   

「美味しい・安心」は当然のこととして、

お菓子の内容・値段・箱・季節(材料や送料)、

環境負荷を減らして無駄がないように

考えて考えて考えて導き出される答えが

いつも同じお菓子に帰着してしまうのは、

「不思議」なのに「納得」でもあり。


何にしようか考えあぐねてネットサーフィンしていた時、

「チョコレートマドレーヌのフィナンシェ

 自家製オレンジと紅茶を混ぜ込みました♡」という

?????? ? な お菓子を見つけて......

チョコレート味のマドレーヌ。

え?フィナンシェなの?(←うろたえる)、

オレンジと紅茶まぜたの??(←大混乱)。


我が社「ありんこ菓子店」は、想像しやすい、そして

想像を超える直球ストレートなお菓子を目指そうと

決意を新たにしたのでした。


※お菓子の通販はこちらから→(クリックすると通販ページに飛びます)


迷ったのですが、今回はチルド便であったり、

情勢も刻々と変化しているため、

ドライブスルーはやめておきます。

ご容赦ください。
















無力感に覆われていた時、
目にした映像には、
チョコレートを握って泣いてる男の子、
ポーランドの家庭で
林檎タルトに頬が緩んだ男の子がいた。


用事を週1にまとめて車を出していたが
2週に1度にし、
キッチン以外の電球をほとんど外し、
契約アンペアを下げ、
猫用以外の暖房を全て消し、
お湯は極力使わない。
無駄なエネルギーは一切、使わないと決めた。

エネルギー資源が、独裁者の切り札だから
ささやかでも抵抗する。


材料も光熱費も上がり続けている。
廃業することもずっと頭から離れない。

でも、私はお菓子を作ろうと思った。

春が来ないなら、
自分から、春に近づくのみ。



2022-03-01
















早朝のキッチンの温度計が2.6℃、

のぼってきた太陽がもみの木の隙間に現れて、

心は暖まった。



2月の中旬ごろ、一度お菓子の波が来たのだが、

雪かきの日々を送っていたら遠のいてしまった。


最初に降り積もった30センチの白いかたまりを

先を見越してどこにもっていくかが、何しろ大事。


屋根の雪が雪庇となってやがて落ちる日の

温度と湿度を見積もって、

角度的に車や人が安全な場所を確保して、

除雪車が通った大きな轍を固まる前に撤去して、

と自分と監督(雪かきの自分)が一体となって

雪と格闘して一日が終わる。


そして朝起きるとあっさりリセットされていて、

屋根の雪が雪庇となってやがて落ちる日の

(以下同)。


気づけば霜やけで手がパンパンで、

終末の父のように手袋をして寝ている。


でも今日は、戸棚のアロマクリームが

バタークリームのように滑らかで、

春を感じた気がする。


感じた気がするのだが、

世界の情勢が飛び込んでくるたびに

心の春はまた閉ざされてしまう。



西ドイツに住んでいた子供時代、

とあるフェスティバルのために

車で西ベルリンに向かっていた。


東ドイツを一旦通らなければならないから、

国境の手前で後部座席にいる私たちに

「熟睡しているフリをしなさい」と

父は静かに強く言った。


日本人は微笑みで挨拶するものだが、

何も知らずに笑顔で東側に行こうとすると

「今、笑ったな。こっちへ」と連行されるのだ。

子供であることなど全く関係がなかった。


あの記憶が、よみがえってしまう。



避難所で猫を抱いている人を見た。

猫はただ恐怖の中にいる。

熟睡しているフリも出来ずに。

寄り添う人間はなすすべもなく。



クリスチャンではないが、

ただただ祈っている。


どうか、

一秒でも早く、

無益な戦いが終わりますように。




















2022-01-31

ありがとうございました!

 

新春お菓子セット、さいごの発送が終了。

ご注文くださった皆さま、どうもありがとう

ございました!

全力MAXだったので画像がほとんど撮れず......

次はバレンタインはやめて(←世の流れに

乗れない)、少し先に何かやります。


しばらくは確定申告の準備とキッチンの模様替えを

楽しみます♪


(次回通販の予告をご希望の方がいらしたら、

patisserie_arinco@yahoo.co.jpまでお名前をご記載の上、

メールにてお知らせください)






2022-01-03

新春・お菓子セット S・M・L
















あけましておめでとうございます


今年は軽井沢に住み始めて20年。

お菓子屋を始めてから15年。


応援し支えてくださった皆さまに

感謝の気持ちを込めて、

そして、初めましての方々に

ぜひありんこ菓子店のお菓子を

お試しいただきたくて、


お菓子セットS/M/Lサイズをご用意いたしました。

(こちら→よりご覧ください)


①パウンドケーキ 

②ポルボローネ 

③ミルクチョコのブラウニー 

④クランベリーサブレ 

⑤胡桃のビスコッティ 

⑥むせないスコーン 

⑦有機メープルとホワイトチョコのフィナンシェ 


以上の7種類を

各1個(袋)・・・S

各2個(袋)・・・M

各4個(袋)・・・L


(各3の場合はSとM、

各5の場合はSとLなど、

組み合わせてご注文いただけます。

その場合は1箱にまとめて発送か

それぞれのサイズ別々に発送か

お知らせください)


1月10日まで、ご注文いただけます。

(個数制限はありません)


発送はご注文順に、

1月11日ごろから1月末までを予定

しておりますが、

ご注文が集中した場合、お待たせして

しまうかもしれません。ご了承ください。


ご近所さまで、このあたりの冬の道の

状態(レールのないジェットコースター)

をご存知のお客さまは、ご希望でしたら

双方の都合を調整してドライブスルーで

お渡しも可能です。

その場合は、クレジット決済でお預かり

している送料を受け渡しの際に現金にて

お返しいたします。

また、発送用の箱ではなく、

紙袋に入れてのお渡しとなります。



何かご不明点や確認事項がありましたら、

patisserie_arinco@yahoo.co.jp

まで、メールにてお知らせください。

追ってご返信いたします。


お願い:

@docomo~ @ez~のアドレスは

返信しても迷子メールになることが

多いです。24時間以内に返信がない

場合は、別のアドレスから送信ください。


時々、お名前のないメールが届きます。

ぜひ、お名前をご記載ください。



本年も

どうぞよろしくお願いいたします


            ありんこ菓子店










2021-11-19

*シュトレン2021*


シュトレンと入力すると「首都連」と変換されがちですが、

確かにこれが Stollen の発音として一番近い。

相変わらずシュトーレン表記を目にするたびに、

音引きトルツメと心の中で赤字を入れてしまいます。


そんなことより、シュトレンのお問い合わせが増えてきました。

やります、今年も。



多分、第一回目は21日の日曜日

こちら→で通販する予定です。


カートオープン時間は公開すると

集中してエラーになるので、非公開です。

ゆっくりお買い求め頂ければなと思います。


第二回目は、23日(祝)の予定です。


第三回目は、未定です。


以下、今年のシュトレンのチャームポイントと

ご協力いただきたい事項です。



*シュトレン2021*

ありんこ菓子店のシュトレンは自家製柑橘ピールが

ひとつの特徴です。

春、無農薬または有機栽培の

ネーブル、不知火(ポンカン)、甘夏、清美、伊予柑

などをシュトレン用ピールに仕上げて保存します。


なぜ色々な柑橘を使うかというと、

甘さ、かおり、苦味、酸味がそれぞれなものを

使うことによって、平面的ではなく

立体的な美味しさとなって

翻弄させるための戦略です。


粉は、カナダ産の有機栽培・強力一等粉と

北海道産のキタノカオリです。

全部国産にすると重たくなりすぎるため、

ドイツの粉に似た輸入物で安心で美味しい

カナダ産有機一等粉と半々にしています。

普通の粉の2倍以上のお値段ですが、


私は思うんです!(いきなり主張)


いいモノは高い。

いや、高いというけれど、

本当は適値なんです。

(それでも企業努力やどこかで誰かが

無理をしている値段なんですが)。


おそらく来年は手に入るかわからないし、

入手できてももっと高価になります。


レーズンは後味もエグくない有機栽培(米国産)。

クランベリーとクルミは試した結果、

普通の米国産がむしろちょうど良い味わい。


バターは生地に入れる分は北海道産、

焼き上がりに塗るのはカルピスバター

(おそらくカルピスは九州産バターがメイン?)

風味の特徴から使い方を分けています。


中に入る甘さは北海道産の甜菜糖を少し。

外側を包み込むのは純粉糖。


牛乳は北海道産ロングライフもの。

クセのないやさしいコクがお気に入り。


アクセントのスパイスはスリランカ産の

有機栽培のもの。穏やかな香りなので、

スパイスが苦手な人でもきっと大丈夫。


今年は成形方法を変えて、

具をできるだけ均等にしています。

内包している空気をいつもより多くしているので

乾燥しやすいですが口溶けはよくなりました。


焼成前の生地の重さが約490グラム。

焼くと水分が抜けて少し軽くなるけれど、

仕上げのバターと純粉糖で500グラム弱くらいです。


去年、一昨年より30グラム増やして、

今年は去年より15グラム増やしました。

その分もあり、お値段も上がりましたが

来年よりは安いかと思われます。


ご購入いただく前に、お願い事があります。


一つのご住所に、全回を通して1つのご注文しか承れません。

(重複した場合は、後からこちらでキャンセル手続きをします。

できるだけたくさんの方にお召し上がりいただきたいので

あしからずご了承ください)


*発送は12月7日ごろから始まりますが、

最後の方にお届けできる18日までは

SNS公開は絶対禁止です。

(たくさん宣伝して大量生産をし、

一斉にたくさん送って利益を得て

シェアされまくりたい......

というタイプではありません。

一つ一つを心を込めて作り

ただあなただけに「オイシー!」と感じて

いただくのが唯一の最終目標です)。



2007年の冬に作って以来、

15回目の今年のシュトレン。

どうぞよろしくお願いいたします。





















2021-10-27

モンブラン 登頂。

 














三姉妹の真ん中。

姉は初々しい力加減で、

妹は包み込むような力加減で、

育てられているのが羨ましかった。


自分は親になれなかったので

真相はわからない。


ただ、張り詰めた最初のモンブランも、

慣れてきた途中のモンブランも、

もう最後だなとしみじみしたモンブランも、

愛おしさに変わりはなかった。


16日にモンブランを開始したのは、

父が天に召された日だからだ。


夢を見た。

ずっと向こうから父が迎えに来て、

ああ、大丈夫だと思った。


どんなことがあっても、

大丈夫だと思った。
















ありがとうございました。







2021-10-22

モンブラン5合目







































初日は少し肩に力が入ったモンブランだった

(それはそれで初々しくて愛おしい)、

その後、回を重ねるごとに徐々に調和していく。

(これはこれで、安心すぎて不安)、、、


直前にもう一度ぎゅっと高温で熱した渋皮煮は

命を吹き返したように黄色くなり甘みが増す。


ミキサーではなく、手を使って裏漉す。

山栗の深みと粗野さを残したいから。


モンブランというお菓子はラム酒が肝だが、

お客さんによって加減している。


とあれこれ説明したくなるが、しない。

自由に、感じてほしいから。